本文へスキップ

国語力をつけることの一つは、論理をたどる力をつけるということ。

電話でのお問い合わせは、火・木・土のお昼以降にTEL.045−232−4533

〒231-0845 横浜市中区立野73番地 立野ビル401

入塾のご案内entrance

入塾に必要な費用

入塾に要する費用 料金  
授業料 一教科 18,000円(税込) 
月4回、全生徒一律料金です。
現代文 + 古文=二教科 34,000円(税込)
教材費・その他の諸費用 一教科 ひと月1,000円の6ヶ月分 6,000円(税込)  全生徒一律料金です。
入塾金 入塾金15,000円 家庭単位で初めに一回だけです。

※上記の料金はすべて銀行振り込みでお願いしています。
一家庭で二人以上在籍する場合には割引制度があります。
教材費・その他の諸費用は6ヶ月毎にまとめてお支払い頂きます、

※ただし、通常の授業以外に、特別授業、特訓授業等を受講する場合には、その都度、別途、費用をいただくことになります。
授業料の支払いは、毎月、月末までに、翌月分の授業料を銀行振り込みでお願いします。

※高一、高二、古文の日曜講座は、一日、90分×5回の授業で、外部生15,000円、内部生14,000円です。この講座を受講するのに、入塾金は必要ありません。教材費・諸費用も含みます。

※夏期講習会、センター試験過去問演習は、120分×5回の授業で、外部生一教科、22,000円。内部生一教科20,000円。二教科、外部生42,000円。内部生39,000円。この講座を受講するのに、入塾金は必要ありません。教材費・諸費用も含みます。


教材費・その他の諸費用について

  6ヶ月毎にいただく教材費・諸費用には、山手国語塾で使用する、すべての教材、冷暖房費その他の一切の費用を含んでいます。
 例えば、3月に入塾頂く方には、3月から6月までの4ヶ月分、4000円を経費として頂いています。次は、来年の7月から12月までの経費を、7月分の授業料と一緒に、6月の最後の日までにお支払い頂くことになります。


使用教材

  基本的に、すべて、塾長である井元のオリジナル教材がベースになります。使う文章は、中学入試問題をはじめあらゆる書物から、読ませておきたい文章を、一人一人の状況を考えながら選択します。設問が無いものの場合は、塾長がオリジナルの設問を施し、その都度、テーマの習得に最善のものを用意して使用致します。市販の問題集等を使うこともありますが、基本的には、毎回、一人一人それぞれに用意したプリントをやっていきます。もちろん入学試験が近くになった時期には、クラスと個人の状況を考えつつ、状況によっては、入試問題から良問を厳選して、過去問による演習をやることもあります。


アクセス 横浜駅からJR.根岸線で9分。山手駅を出てガードをくぐってそのまま真っ直ぐ、看板の出ている階段まで約30秒です。

山手国語塾 山手駅のすぐ右の立野ビルです。


最寄り駅 JR.根岸線、山手駅から教室までの道順

 山手駅の改札口が、2013年3月24日から新しくなりました。
 教室は、改札口を出て真っ直ぐガード下の道まで出て、そこから実質30秒です。
 改札を出て、そのまま真っ直ぐ、ガード下の道まで出て、右に進み、すぐの花屋さんを左手に見て、そのまま真っ直ぐ付属坂を登り始めるとすぐ隣が「のぞみ山手駅前保育園」です。山手国語塾はその保育園の2つ上の階です。煉瓦の階段を、1階半分上がってください。ドアに山手国語塾の名前の入ったパネルがあります。
 
駅の改札を出てから階段まで、坂道ですが、30秒くらいの距離です。




















information

横浜の 山手国語塾


〒231-0845
横浜市中区立野73番地
       
  立野ビル401
 TEL. 045-232-4533
 FAX. 045-232-4532









メール   による問い合わせ






























 山手国語塾の入り口のドアに貼ってあるパネルです。